飯館村

街の特徴

福島県の浜通りに位置し、阿武隈山系北部の高原にある自然豊かな飯舘村。4月末には桜が開花し、夏期は「やませ」による涼夏、秋には当たり一面の山々が紅葉で綺麗に彩られ、冬になるとダイヤモンドダストが見られるなど、四季の様変わりする姿を肌で感じられます。昔から農業は基幹産業であり、約1200戸の農家が冷涼な気候を生かした花卉や畜産、野菜の生産に取り組んできました。しかし、2011年3月11日の東日本大震災による原子力発電所事故により、村の状況が一変。約6年にわたる長い避難生活ののち、2017年3月31日に一部を除き避難指示が解除され、現在復興の最中です。村民たちは長い避難生活で多くのものを失い、厳しい状況下におかれましたが、今回の原発事故を後ろ向きに捉えるのではなく、前を向いて「までいな心」を胸に一歩一歩力強くあゆんでいきます。

ホームページ http://www.vill.iitate.fukushima.jp/ 移住サイト 飯館村移住相談室 0244-42-0310
住基
(H30.8.31現在)
5,749人 世帯数
(H30.8.31現在)
1,818世帯
主要な作付品目 水稲、カスミソウ お勧めする作付品目
(クリックするとリンク先に飛びます)
カスミソウほか花卉全般(露地・施設)
最寄りの診療施設 いいたてクリニック1 学校数 認定子ども園1、小学校3、中学校1(同敷地に併設)
買い物環境 道の駅1、コンビニ2(内1店舗は道の駅に併設しています。)
就農支援制度 先進農家の紹介、農業研修費の補助、専門指導員による普及指導・販路紹介、ほ場の確保の支援(地権者や集落とのマッチング等)、
就農に要する機械・施設等の購入費の補助、国内農業先進地への研修参加者に対する助成、就農準備段階における交通費等実費弁償、
村内農産物・加工品等の販売促進のためのサポート、I・J・Uターン者向け現地見学会旅費支援等

相双地域をもっと知る

農業を始めた時の経営指標と始めるまでの流れをわかりやすくお伝えします。

経営指標
就農までの流れ

相談・お申込みはこちら

相双地域に興味を持った方は、まずはお気軽に相談ください。

相談・お申込み

※就農関係の問い合わせは各市町村までお願い致します。