南相馬市

街の特徴

南相馬市は、福島県浜通りの北部で太平洋に面し、面積は398.58平方kmです。東京からの距離は292kmで、福島県いわき市と宮城県仙台市のほぼ中間にあります。気候については、強い風が吹く地域ですが、東北地方の中では年間を通して暖かく積雪は少ないのが特徴です。また、日照時間が長く、秋冬野菜の生産に適した条件にあります。市の特徴として、国の重要無形民俗文化財である相馬野馬追が本市を中心として開催されます。

ホームページ http://www.city.minamisoma.lg.jp/ 移住サイト http://www.msouma-furusato.jp/index.html
人口 54,645人 世帯数 25,962世帯
主要な作付品目 水稲 お勧めする作付品目
(クリックするとリンク先に飛びます)
トマト・ミニトマトネギブロッコリー
最寄りの診療施設 病院・診療所あり 学校数 小学校、中学校、高校あり
買い物環境 大型スーパーやコンビニ、ホームセンター等が市内に整備
就農支援制度 市で指定する作物(野菜・花卉)の種苗費助成。
若手農業者との意見交換や、農業経営・販売実践の研修などを行う「南相馬農業復興チャレンジ塾」の設置

相双地域をもっと知る

農業を始めた時の経営指標と始めるまでの流れをわかりやすくお伝えします。

経営指標
就農までの流れ

相談・お申込みはこちら

相双地域に興味を持った方は、まずはお気軽に相談ください。

相談・お申込み

※就農関係の問い合わせは各市町村までお願い致します。