大熊町

街の特徴

当町は東日本大震災を起因とした福島第一原子力発電所の事故により町内全域が避難指示区域となり、その際の放射能物質の汚染によって震災から8年目を迎えた現在においても、依然として全町民が避難を強いられている状況が続いております。
そのような状況ですが、町では国による放射性物質の除染が実施された大川原地区を復興拠点と位置づけ、現在、町庁舎を始め公営住宅や商業施設等の整備を進めており、平成31年度中の避難指示一部解除を目指しているところです。
また、町内での農業の復興を図るため、新たにイチゴの太陽光利用型高設養液栽培施設を整備中であり、平成31年度4月より稼動する予定となっております。

ホームページ http://www.town.okuma.fukushima.jp/ 移住サイト -
人口 10,418人 世帯数 4,712世帯
主要な作付品目 - お勧めする作付品目
(クリックするとリンク先に飛びます)
イチゴ
最寄りの診療施設 - 学校数 -
買い物環境 -
就農支援制度 -

相双地域をもっと知る

農業を始めた時の経営指標と始めるまでの流れをわかりやすくお伝えします。

経営指標
就農までの流れ

相談・お申込みはこちら

相双地域に興味を持った方は、まずはお気軽に相談ください。

相談・お申込み

※就農関係の問い合わせは各市町村までお願い致します。