相馬市

街の特徴

相馬市は福島県の沿岸地域北部位置し、夏は涼しく、冬は暖かい暮らしやすい街です。また、東日本大震災の経験から防災への意識は高く、防災備蓄倉庫「相馬兵糧蔵」をはじめとした様々な防災施設を構え、予期せぬ災害にも備えており、災害に強い街としての特徴があります。観光面では国の重要無形民俗文化財である相馬野馬追いや日本百景にも数えられる松川浦など、歴史や土地を生かした観光資源により訪れる人の心を楽しませています。さらに、2018年には8年ぶりに海水浴場がオープンし、夏には海水浴を楽しむことも出来ます。加えて、地理的には仙台や福島にもアクセスしやすいという特色を持った街でもあります。

ホームページ https://www.city.soma.fukushima.jp/index.html 移住サイト -
人口 35,386人 世帯数 14,445世帯
主要な作付品目 水稲、ネギ、ブロッコリー、梨 お勧めする作付品目
(クリックするとリンク先に飛びます)
ネギブロッコリー・梨
最寄りの診療施設 公立相馬総合病院、相馬中央病院 学校数 保育園5園、幼稚園4園、小学校9校、中学校4校、 高校2校
買い物環境 イオン相馬店、エイトタウン相馬、カインズ相馬店、コメリホームセンター相馬店
就農支援制度 市独自の施策は行っていないものの、若手就農者同士の交流会を開催し、本市の若手就農者同士の一種のコミュニティを作りました。
皆仲も良く最近では団結力も出来ているような印象です。
また、新規就農希望者からの相談があった場合には、担当が新規就農支援制度や技術指導の受け入れ先を御紹介するなどして、できる限りサポート致します。

相双地域をもっと知る

農業を始めた時の経営指標と始めるまでの流れをわかりやすくお伝えします。

経営指標
就農までの流れ

相談・お申込みはこちら

相双地域に興味を持った方は、まずはお気軽に相談ください。

相談・お申込み

※就農関係の問い合わせは各市町村までお願い致します。