インタビュー

相双地域で実際に就農した方や先輩就農者にインタビューしてみました。農業経験がまったく無かった若い力も続々と活躍しています。

07

2019年春に就農。子どもと私の笑顔が増えた!

花井由貴さま

「これだ、私もやってみよう!」。テレビで、トマト栽培と子育てを両立している女性の活躍を目の当たりにし、就農を決心した花井さん。現在はカスミソウ栽培に携わりながら、3人の子どもを育てています。これまで村外で会社勤めをしていましたが、子どもが熱を出す度に周囲に気を使って仕事を調整し、何とか育児と仕事を両立させてきたといいます。「会社勤めをしていた時より、自由に時間が使えているので、以前より子どもとしっかり向きあえていると思います。自分に少し余裕を持つことができるようになりました」。子どもたちも飯舘村に移住し、農業を始めてからの方が楽しそうに生活していると語ります。

2019年3月に就農した花井さん。カスミソウ栽培を選んだ理由は、花が好きだったことに加え、同村がカスミソウの産地化を目指しており研修や出荷体制が整っていたから。「村の人がみんなあたたかくて、分からないことを聞きに行けばしっかり教えてくれます。いつも気にかけてくれてもいて、とても感謝していいます」。

現在、ご主人はお仕事を持ちながらも積極的に農業を手伝ってくれており、子どもたちもお手伝いをしてくれているとのこと。花が蕾を持ち、蕾が膨らみ、毎日変化していくのを見るのが一番のやりがい。初めてのことの連続ですが、村の人や家族の支えがあるから、不安より充実感が勝るといいます。

今後の目標は、まずは8月の出荷を無事に終えること。そして将来、少しずつ規模を増やし、花農家で生活の基盤を整え、子ども3人を大学まで行かせることです。「山に囲まれて毎日時間がのんびり流れている。農作業は忙しいけれど、時間の使い方は自分次第。誰に気を使わなくても良い。やりがいも大きく、就農して良かったと思います」。会社勤めをやめ、移住、就農した花井さん。やりがいと充実感で満ち溢れ、笑顔が輝いていました。

08

地域でも数少ない、セリ農家として就農。新たに、春セリの出荷にも取り組む

遠藤明朗さま

福島県浜通りでも、3軒の農家しか出荷していないというセリを主要作付品目として、新規就農を果たしたのが、相馬市の遠藤明朗さんです。遠藤さんの実家では、元々家業として農業を営んでいましたが、明朗さんもサラリーマンとして働く傍らで、農業を手伝っていたとのこと。2年ほど前に母が体調を悪くし、入院したことをきっかけに会社を辞め、専業で農業に取り組むことを決心しました。

作物は、米を約1.5ha、夏場にかけては、キュウリを約5aほど栽培しているそうですが、メインとなっているのは、秋から冬場にかけて約30a作付けているセリ。近年、セリの需要が高まっていることを背景に、今年から規模拡大のため、春先まで出荷できる春セリも試験的に導入したそうです。遠藤さんは「今はまだまだですが、やり方によっては、農業一本でも十分に稼ぐことができる」と、手応えを語ります。

市場からも高い評価を受けている遠藤さんのセリですが、品質の高さのポイントは、セリを育てる上で欠かせない水を惜しみなく使うことができる環境とのこと。遠藤さんの父親が作った井戸があるので、奇麗で豊富な水量の湧水を活用できることが強みとなっているそうです。また、遠藤さんが力を入れているのが、仲間づくり。JAのバックアップの元、同じセリ農家と月1回勉強会を開いて、知見を共有するほか、他地域から講師を招いて新たな見識を深めるなど、地域のセリ産地としてのブランド化を、仲間と共に積極的に取り組んでいます。

「セリは一度育て始めたら種代もかからないし、管理も比較的楽ですが、収穫期は毎日30㎏ほど採れますので、収穫から出荷までが大変です」と語る遠藤さん。「今は収穫期に人を臨時で雇って手伝ってもらっていますが、近い将来には人を増やして法人化も見据えていきたいですね」と、目標を話してくれました。

相双地域をもっと知る

農業を始めた時の経営指標と始めるまでの流れをわかりやすくお伝えします。

経営指標
就農までの流れ

相談・お申込みはこちら

相双地域に興味を持った方は、まずはお気軽に相談ください。

相談・お申込み

※就農関係の問い合わせは各市町村までお願い致します。