インタビュー

相双地域で実際に就農した方や先輩就農者にインタビューしてみました。農業経験がまったく無かった若い力も続々と活躍しています。

09

営農再開がゴールではない。楢葉町から新たな農業スタイルを発信していきたい

株式会社福島 しろはとファーム 内田政樹さま

「日本の農業をステキにしよう」というスローガンのもと、日本各地でさつまいもを栽培し、加工、販売までをおこなう白ハトグループ。2017年からは楢葉町でさつまいもの実証栽培を開始しました。2018年に10ha、19年は30haの農地での栽培を行ないました。現在、楢葉町のさつまいも栽培を管理している内田さんは宮崎県出身。これまで白ハトグループでさつまいもの栽培をはじめ、バイイング業務を中心に行ってきました。東日本大震災後、宮城や岩手で支援活動を行う中で、“福島でさつまいもメーカーとしてできることはないか”と考えるようになったといいます。「私の会社は思いがあれば挙手制でプロジェクトをやらせてくれる会社です。被災地の農家の方の話を伺っている中、何か自分にもできないかと思い、家族を説得し楢葉町に来ました」。

現在は内田さんを中心に、地元の方とさつまいもを栽培しています。「昔は農業というと、汚いとかマイナスのイメージが多かったのですが、私たちが目指しているのは“キレイ、気持ちいい、かっこいい”農業。農作業をする時に着用するつなぎも赤やオレンジなどカラフルなものを使用。自動運転ロボットトラクターや農業用ドローンなどの機械も多く導入し最先端の農業を目指しています。新しい農業のスタイルで若い方にも興味を持って欲しいと思っています」。

現在、楢葉町は帰還率が50%を越えて、水稲などの農業を再開する人も増えてきています。内田さんは自身が宮崎県出身だからこそ発信できることがあると語ります。「来年は50haの農地でのさつまいも栽培を視野にいれています。3年目で50haでの規模で栽培をするというのはこれまでの経験でもありません。楢葉町はJヴィレッジもあり、温泉もある、鮭も美味しい。魅力がとてもある町です。今後さつまいも農業を通じて、楢葉町のたくさんの魅力とともに、多くの人が働ける、来る町にしていけたらと思います」。

楢葉町は営農再開がゴールではない、新たな価値を創造、発信することができる場所だと、内田さんのその思いは、共に働く人、町の人へ届き始めています。

10

再び農業に携われる幸せを噛みしめて。最新鋭のイチゴ栽培システムで目指す農業復興

株式会社ネクサスファームおおくま 松本英樹さま

楢葉町出身の松本英樹さんは、震災前まで家族でイチゴ農家を営んでいました。「避難指示が解除されて自宅に戻り、目にしたのは荒れ果てたハウスと畑。覚悟はしていたものの、その惨状を前に言葉を失いました」と、当時を振り返ります。出荷や販売も地元に密着していたため、帰還住民が少ない楢葉町で農業を再開するのは困難と廃業を決意します。松本さんは生活のために就職するも、また農業をやりたいという思いは常に抱いていたと話します。「そんなとき、目にしたのが『ネクサスファームおおくま』の求人募集です。採用が決まったときはまたイチゴづくりに携わることができると、本当に嬉しかったですね」。

大熊町が出資して設立された『ネクサスファームおおくま』は、約4.8haの広大な敷地を有する太陽光利用型高設養液栽培施設です。LED照明や養液を使い、コンピューター制御で栽培する最新鋭のシステムを導入することで、イチゴの周年栽培と周年出荷を可能としています。それまで松本さんが手がけていた栽培方法とは全く異なるため、最初は驚きの連続だったそうです。「イチゴの生育状況を分析したりデータ化したりすることで、農業未経験者でも農業を仕事にすることができます。農業が抱える労働不足を根本から見直す仕組みが確立されていると感じました」。

2019年4月に稼働をスタートしたネクサスファームおおくまは、同年8月8日に四季成り品種の「すずあかね」の初出荷を迎えたばかりです。震災後、その被害状況から相双地区での農業は無理と諦めていた松本さんにとって、それは夢のような瞬間でした。「この事業を広く知ってもらうことで、復興の起爆剤になれたらと思っています。最新鋭のシステムを使いこなし、日本一安全なイチゴを全国に届けていきたいですね」。

福島第一原発の事故によって避難を余儀なくされたあの日から8年。松本さんは『ネクサスファームおおくま』という新たなフィールドで、再びイチゴづくりに情熱を注いでいます。

相双地域をもっと知る

農業を始めた時の経営指標と始めるまでの流れをわかりやすくお伝えします。

経営指標
就農までの流れ

相談・お申込みはこちら

相双地域に興味を持った方は、まずはお気軽に相談ください。

相談・お申込み

※就農関係の問い合わせは各市町村までお願い致します。