インタビュー

相双地域で実際に就農した方や先輩就農者にインタビューしてみました。農業経験がまったく無かった若い力も続々と活躍しています。

11

農業で生きていく―。SEから転身した若き挑戦者が目指す新しい農業のカタチ

相馬市 横山圭吾さま

代々続く農業をここで絶やすのはもったいないー。そんな思いを抱き、システムエンジニア(S E)から農業へと転身した横山圭吾さん。 仙台市から故郷・相馬市岩子(いわのこ)地区にUターン就農を決意したのは、2019年8月のことです。

「祖父と父が手がける水稲栽培をたまに手伝う程度で、実は農業にはそれほど興味はありませんでした。 情報系の大学に進学し、S Eとして充実した日々を送っていたのですが、ふと家の状況を考えた時、土地も機材もあるのに継ぐ人がいない。 このままでは代々続いた農家が途絶えてしまうことに気がつきました」。

 

当時、社長賞を受賞するなどSEとして輝かしい未来が約束されていた横山さんですが、同時にワークライフバランスへの漠然とした不安を抱きながら仕事に追われていたそうです。 「自然相手の農業は栽培や収入面で苦労すると重々わかっていましたが、農業なら自分らしくのびのびと仕事ができると考えました」。

現在、約13haの広大なほ場で水稲栽培を手がけている横山さん。 自身の代からブロッコリーのハウス栽培を開始し、近隣の生産者からレクチャーを受けながら作物と向き合っています。 JA主催の勉強会にも積極的に参加し、栽培に関する知識を深めています。

2020年に自身で初めて、田植えから収穫まで年間を通じた作業を行う横山さんですが、これまでの経験を通して見えてきた課題もあるようです。 「これまでの農業は作業をする人の勘や経験に頼ってきた部分が多く、せっかく培った技術が次世代に継承されにくいという問題があります。得意とするI Tの技術で、栽培時期に合わせて灌水や農薬・肥料散布をデータ化し、そのデータに基づいた作業の効率化や栽培技術の確立と、生産者同士の共有を目指したいと考えています」。 今後はドローンによる農薬散布や農業機械の自動化も含め、新しい農業のカタチを示していきたいと、横山さんは力強く語ってくださいました。

「今年はデータ集積の年。それを近隣の生産者と共有して地域全体の農業活性化につなげたい。 農業は担い手不足の深刻化が叫ばれていますが、自分自身がモデルケースとなり、農業を魅力ある職業として発信していきたいですね」。

12

福島県双葉郡浪江町で米づくり。若き農業経営者が抱くビジョン

浪江町 半谷啓徳さま

浪江町でお米の専業農家として奮闘する、新規就農2年目の半谷啓徳さん。 約5年前に一般企業を退職し、(株)吉野家ファーム福島で水稲、白菜、玉ねぎ、キャベツなどの生産に従事した後、昨年に実家の田んぼを受け継いで独立就農を果たしました。

「うちの田んぼがある酒田地区の除染は表土を剥ぎ取って山砂を入れたので、均平もとれていないし田面も低い。田んぼの状態は予想以上に悪かったです」と話す半谷さん。通常なら1時間で終わる代掻きに半日かけるなど、時間と手間をかけて田んぼのコンディションを整えてきました。就農1年目のお米の収穫を終える頃、もともと同町で酒造店を営んでいた『鈴木酒造店』(山形県長井市)から「浪江の米で酒を仕込みたい」と連絡を受けました。 半谷さん自身の手で初めて育てた18俵のコシヒカリは同店の蔵に届けられ、日本酒として大切に醸造されました。

この縁がきっかけとなり、半谷さんは醸造用のお米の契約栽培を開始しました。また、同店から酒粕と米糠を発酵させたペレットの提供を受け、自宅前に広がる田んぼに入れる試みをはじめました。 「除草効果や土壌の改善効果があるといいますし、食品由来の原料ですから自然環境にも人の体にも優しいこのペレットに期待しています」と、半谷さんは話します。 現在は、コシヒカリを主軸に天のつぶ、みつひかり等の4品種を栽培しています。

「どんなに世の中が進化しても、農業は無くならないと思うんです。まずは、自分の農業経営を安定させ、この土地でずっと長く農業を続け、 将来的には農業をやりたい、農業に興味があるという方の受け皿になれるよう、規模を拡大していきたいです」と、展望を話してくれました。

相双地域をもっと知る

農業を始めた時の経営指標と始めるまでの流れをわかりやすくお伝えします。

経営指標
就農までの流れ

相談・お申込みはこちら

相双地域に興味を持った方は、まずはお気軽に相談ください。

相談・お申込み

※就農関係の問い合わせは各市町村までお願い致します。